DVDもCDも使って勉強。
勉強時間確保が切実な問題。

私の“合格計画”はフォーサイトの通信講座で着々と進行。
『戦略立案編』『合格必勝編』が頼りになりました。
勉強はDVDのお陰で格段と効果が上がり、最後まで走り切ることができたのです。
このサイトは私の体験談で構成していますが、少し他の人の体験談をご紹介しましょう。
参考になることが見つかるはずです。

二度目の試験で合格したAさんは、トタールで1,000時間の勉強時間を確保したとのこと。
「フォーサイトの教材は2年目の受験から使用しました。
主にDVDと問題集を活用
しましたが、特にDVDは集中力が切れたときや、
疲れてやる気がでないときに活用
しました。先生の熱のこもった語り口についつい引き込まれます。
社会保険労務士社回労使の試験がほかの試験と大きく違うところは
必ず法改正の問題が含まれまること。ですから、2年目以上の受験者には不利になりがちです。
法律改正が頻繁にあり、前年の知識が邪魔になるからです。この法改正は要注意が必要です」。

仕事との両立に苦労しながらも、短期で一発合格を果たしたBさん。
勉強時間確保は大変だったそうです。
「『基礎講座』は、時間的な効率を考えて予習はせず、
“講義DVDを見て復習”
という学習パターンを繰り返しました。
『過去問講座』は、まず問題を解いてから、解答・解説を確認し、
さらに講義DVDを観て復習をしていました。
最も良かったのが、講義にはDVDとCDの教材が使えるコースを選択したこと。
DVDは何度も見直せませんでしたがCDをMDに落として聴いていたのです。
これだけで基礎の理解を十分にできたと思います。
講義DVDを一回観ただけでは、“その時わかったような気になる”ので危険なこともあります。
ですから、通勤時間などを利用し、DVDで観た内容を思い出しながらCDを聴くようにしたのです。
まずは、基礎知識の定着から。その後、徐々に『過去問講座』に取り組んだのが良かったですね」。

DVDだけに終始していましたが、CDの活用もまた効果的な勉強法。
DVDよりも手軽なアイテムですから、いつでもどこでも勉強できるのです。
Bさんも「すき間の時間をかき集めて」勉強時間を確保したとのことでした。