しっかり目標設定し、
将来像もきちんと描くこと。

ひとつ大事なことを忘れていました。社会保険労務士資格の受験資格です。
他の資格では制限がないケースもありますが、社会保険労務士は以下のように規定されています。 (社会保険労務士試験オフィシャルサイトより抜粋)

  • ・学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校
    (中学校卒業を入学要件とする修業年限が5年制の学校)を卒業した者。
  • ・上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者。
  • ・前記以外に、厚生労働大臣が認めた学校等を卒業または所定の課程を修了した者。
  • ・修業年限が2年以上で、課程の修了に必要な総授業時間数が
    1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者。
  • ・全国社会保険労務士会連合会において、個別の受験資格審査により、
    学校教育法に定める短期大学を卒業した者と同等以上の学力が認められる者。
  • ・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤を除く)
    または従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • ・国または地方公共団体の公務員として、行政事務に従事した期間および特定独立行政法人、
    特定地方独立行政法人、日本郵政公社の役員又は職員として
    行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • ・労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事(いわゆる「専従」)した期間が
    通算して3年以上になる者または会社その他の法人
    (法人でない社団または財団を含み、労働組合を除く。以下「法人等」という)の
    役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者。

           
どこかに就職して実務を経験してからでも遅くはありません。
というか、より身近に社会保険労務士のことを考えられます。
なぜ資格を目指すのか、自分の将来像を描けているのか、
自問自答しながらしっかり目標を設定しましょう。
常に社会保険労務士資格のことを意識して、今の仕事ときちんと向き合うことが重要です。
スキルを磨くこと、人脈を広げること、そして、
社会性を身に付けることが独立後の自分を助けることになります。

目標設定が明確になれば、あとは勉強。合格までの道のりは平坦ではありません。
私はフォーサイトの通信講座と出合ったことで道が拓けました。
これからは、独立開業に向けて新たなステップを踏むつもりです。
その辺りのお話しはいずれご紹介できると思っています。